MENU

消費者金融の審査前の不安を解決!

消費者金融を利用する方が増えています。昔に比べると、安全にキャッシングできるイメージがついてきている証といえます。そうはいっても、初めて利用する人は、審査を通過するというハードルがあります。当然、色々な不安があるとおもいます。「もし落ちたらどうしよう?」とか考えて普通だとおもいます。

 

そういった不安を消すためにも、審査前にチェックしておいたほうがいいポイントを説明します。

 

(1)安定した収入があること
非常に基本的なことですが、無職だと消費者金融の審査に通過することは極めて困難です。安定した収入がある方なら審査申し込みは可能です

 

(2)クレジットカードの滞納がないこと
日本人の1人のクレジットカード保有枚数が平均で3枚ほどといわれています。一度、お持ちのクレジットカードの未納・滞納がないか確認しましょう

 

(3)高い借入額を設定しない
ご自身の身の丈に合った借入額を設定することです。必要もない高額の借り入れの設定は控えましょう

 

(4)申込時に嘘の記載がない
審査申込時に入力する事柄に、嘘やミスがないことも重要です。嘘の年収・嘘の勤務先などは、確実にマイナス評価になるだけですので注意しましょう

 

以上、簡単に4つのポイントを述べましたが、普通に働いていて、普通にクレカも所有しているが、毎月きちんと支払いを当たり前のようにこなし、身の丈に合った金額をキャッシングしたい方なら、それほど、審査に対して構える必要がなくなったのではないでしょうか?

 

現在の消費者金融は審査時間もスピーディーで、即日キャッシングできるところがほとんどです。そんな消費者金融の中でも一押しが、アコムです。消費者金融の中でも老舗で三菱UFJフィナンシャルグループということもあり安心感があります。最短1時間で融資可能です。是非チェックしてみてください。

金利上限が決まったので消費者金融は安心です。

消費者金融審査

消費者金融といえば、ちょと前までの悪徳業者というイメージが残っている方も多いようです。しかし、法律が改正され、また、消費者金融の業界団体ががんばったこともあり、現在ではむやみに貸したり、違法な取り立てもなく、金利も上限が決められて安心して利用できる会社に生まれ変わっています。また、ほとんどの消費者金融が金融機関の資本を受け入れたり、金融機関の傘下に入るなど、会社の基盤も強化されているので悪徳業者という会社はありません。金利の上限が決められた件については、影で隠れてお金を貸すということもなく、契約のたびに審査をきちんと公正に行うことで消費者金融も信頼される会社になるために努力が続けられています。また、金利以外に、貸出上限が法律で定められたこともあり、むやみに貸し出して破産まで追い込むような貸し方もしていません。貸出上限については、借りる側でも注意が必要です。これまでと違い、1社での判定ではなく、すべての借り入れについて審査時に確認が行われます。そのため収入の3分の1を超える現金を借りることができなくなったばかりか、現在契約しているキャッシングサービスなどについても他社の借り入れ額によってはいきなり使えなくなることもあるので注意が必要です

消費者金融に申し込む時の必要書類について

消費者金融審査

急にお金が必要になることはよくありますが、いつもお金が手元にあるとは限りません。

そんな時は、誰かにお金を借りれればいいですが、そんな人も周りにいない場合は、金融機関からキャッシングするのがいいでしょう。
キャッシングできるカードを一枚持っているだけで、夜中でもキャッシングできるのでとても便利です。
消費者金融では、担保や保証人をたてる必要もなく、お金を借りる理由も特に聞かれないので気軽にキャッシングの申し込みができます。
消費者金融は、わざわざ店頭まで行かなくても、インターネットや自動契約機で申しこめるので、若い女性なども利用する人が多くなっています。
消費者金融のキャッシングは、安定した収入があれば、主婦でもパートでも申し込めます。
申し込む時の必要書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートのいずれか本人が確認できる物が必要になります。
外国籍の人の必要書類は、在留カードか特別永住者証明書が必要です。
今住んでいる住所が運転免許証などと異なる場合は、住民票の写しや、公共料金の請求書、社会保険料の領収書などの、現住所が書かれた物が必要です。
消費者金融では、借入額が50万円以上を超える場合や、希望借入額と他社との借入残高が100万円を超える場合は、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などの収入証明書が必要となります。